HOME>特集>美容マッサージから医療マッサージまで習得

美容ではなく医療でも使える

足のマッサージ

リンパマッサージの資格を取得するには、教育機関での学びが近道です。マッサージですからエステティックをイメージされがちですが、今は医療用リンパマッサージの資格としても学びが展開されています。病気の進行を遅らせる方法としての特長があり、リンパドレナージュに関する資格情報数も多くなっています。ボッター式やリンパ浮腫療法士などが認識され、こうした資格を取得することにより、婦人科系の術後のケアにも役立てられています。そのことから、看護師など有資格者が認定試験を受けるようで、医療知識があるからこそ合格率も高く、その点もメリットでしょう。

いずれは開業も可能

施術

自宅でのサロン開業ができるメリットもあるリンパマッサージの資格、家族のケアのために学ぶはずが、その経験が活かされて開業も考えることができます。もちろん、社会で働くため、趣味の範囲で学んでいても、サロン経験などを積み、独立することも可能です。プロのセラピストになるために専門学校をはじめ、通信講座を利用できるのも特長の一つで、技術に関しては独学では難があるため、通信講座が活用できるのはメリットではないでしょうか。オイルリンパトリートメントの需要増でもあり、これに関してはセルフトリートメントが行えます。自身の肌を実験台に技術を磨くことができますし、専門学校などの教育機関によっては開業支援も担ってくれます。

広告募集中