幼稚園教諭とはどんな仕事?

幼稚園教諭の仕事は、1日に4時間程度、3歳から就学前までの子供の教育を行うことです。保育よりも教育に重点を置いているという点が、保育士とは異なります。

幼稚園教諭になるための大学の講座内容とは?

学校の制度など基礎について学べますか?

教育制度を成り立たせている機関や団体、教育制度の仕組みについて学ぶことができます。

実践で役立つスキルを身につけられますか?

教育課程や保育課程、指導計画について学べます。理論はもちろん、実際の現場での情報も得られるでしょう。

実際の教育方法について学びたいです

教育に適した環境の作り方や教材の選び方、活用方法など、指導計画に役立つ情報を得られます。

幼児の考えがわかりません

幼児の目線に立って理解する方法や、幼児の考え方の仕組みを学べるので、安心してください。

保育に関する指導方法は学べますか?

幼児の表現力を伸ばす方法や、遊びを利用して学びにつなげる指導方法を学ぶことができます。

短大なら最短で取得できる資格

園児と先生

最短で幼稚園教諭の資格を取得したいと考えているのであれば、短期大学で2年間学んだ上で幼稚園教諭免許状の資格を取得する方法が近道です。実は、短大卒と四大卒、それに大学院卒では免許の種類が異なるのですが、幼稚園で仕事をする上ではそれほど違いはありません。とにかく幼稚園教諭の資格を持っていることが採用の条件になるので、資格があれば採用試験に応募することができるからです。そのため、早く仕事をしたいと考えている人にとっては、短大への進学を推奨しています。短大で幼稚園教諭になるための教職課程で学べば、カリキュラムを終えることができれば資格を取得することができるのです。最近では学生のニーズに合わせて、専門学校でも資格を取得することができるようになりました。幼稚園教諭になるための方法は、先に保育士の資格を取得し、その上で保育園で実務経験を積んで免許状取得のための申請をすれば、資格を得られるようにもなっています。

四大でしっかり幼児教育を学ぶ方法もあり

先生と生徒

四大で幼児教育をしっかりと学んだ上で、幼児教育に携わる幼稚園教諭野道を歩むことも可能です。短期大学はたしかに短期間で資格を取得して、幼稚園教諭として活躍をすることができます。しかしながら、実際に現場に出て子どもたちと接していると、知識の不足を実感することが多いと言われています。短期大学を出て幼稚園教諭として働き始めたものの、知識の不足を感じたり、もっと勉強をしたいと考えて四年制の大学に編入したり、受験をして教育学部で学ぶという人も最近では増えています。短大は資格の取得が主な目標になりますが、やはり四年制大学となるとじっくりと腰を据えて専門的な知識を身に付けることができるのが強みです。短大を出てからでも大学に戻ることができます。

広告募集中